So-net無料ブログ作成

菅新首相が「参院選で先頭に立つ」と決意 党役員会にも可能な限り出席(産経新聞)

 菅直人新首相(民主党代表)は8日午前、党本部で開かれた新執行部発足後初の役員会に出席し、「当面の問題は国会対応とその後に控えた参院選だ。参院選対策本部長として先頭に立って勝ち抜きたい」と決意を語った。

[表で見る]菅新内閣の内定した顔ぶれ

 菅氏は「政権与党である民主党の役員会は閣議と並んで国政を預かる責任ある場だ」とあいさつし、自らも可能な限り役員会に出席する考えを示した。

 鳩山由紀夫首相と小沢一郎前幹事長の体制では、基本的に鳩山氏が役員会に顔を出すことはなく、小沢氏は昨年10月の記者会見で首相の出席について「天下のことをやらなければいけないのでそれどころではない」と否定的な考えを示していた。

【関連記事】
菅内閣が今夜発足へ 11閣僚が再任
「脱小沢」カラー鮮明に 「七奉行」全員を要職
規律派集合、増税に勢い 菅体制、陣容固まる
支持率の急回復に沸く民主党 早期選挙論も党内抗争の兆し
「日本は100年の宿敵」 制裁には報復で対応と北朝鮮
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

秋葉原殺傷事件 重傷の男性「風化させぬ」 若者受け継ぎ(毎日新聞)
ブラウン管テレビ、発火の恐れ=使用中止求める―ソニー(時事通信)
大使館侵入「中国への抗議」=起訴猶予のウアルカイシ氏(時事通信)
少子化担当は玄葉氏が兼務(時事通信)
党内反発で?安住氏翻意「小沢氏の考え方踏襲」(読売新聞)

連立合意順守を確認=参院選、国会対策でも協力―国民新・社民(時事通信)

 国民新党の自見庄三郎幹事長と、連立政権から離脱した社民党の重野安正幹事長が1日、国会内で会談し、昨年9月に交わした「連立政権樹立に当たっての政策合意」の実現に引き続き協力して取り組むことで合意した。夏の参院選での選挙協力も進め、国会運営の面でも可能な限り連携する。
 重野氏は会談後、記者団に、民主党の小沢一郎幹事長にも会談を呼び掛け、同様の合意を目指す考えを示した。社民党は、野党が内閣不信任決議案などを提出した場合に同調する方針も固めており、「対応がちぐはぐ」との批判も出そうだ。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜社民、連立政権を離脱〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実
〔写真ニュース〕「鳩山政権支える」=亀井国民新代表

北方領土ビザなし訪問、実現危ぶまれるなか予定通り実施 入出域手続きで警戒も(産経新聞)
<鉄道事故>踏切に男性侵入、はねられ死亡 JR中央線(毎日新聞)
パチンコ店刺殺、無言で首を一突き 過去にバスジャックも(産経新聞)
身ぶりと音声で生活機器を操作―産総研が障害者支援システムを開発(医療介護CBニュース)
わいせつ罪で起訴 消防副士長を免職(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。