So-net無料ブログ作成

痴漢事件で男性に無罪=被害者証言の信用性否定−福岡簡裁(時事通信)

 スーパーで女性客3人の尻などを触ったとして、福岡県迷惑防止条例違反罪に問われた九州経済産業局職員の男性(36)に対し、福岡簡裁が「被害者の供述を信用することはできない」として無罪判決(求刑罰金30万円)を言い渡していたことが分かった。判決は22日付。
 男性は2007年7月14日午前1時20分ごろに、福岡市中央区のスーパーで買い物中の女性3人の尻など下半身をそれぞれ指で触ったとして現行犯逮捕された。捜査段階から一貫して容疑を否認していたが起訴され、公判では被害者証言の信用性が争点だった。 

【関連ニュース】
触った相手は女性警察官=電車内、容疑で43歳男逮捕
入省したての農水省職員逮捕=電車内で女子大生触った疑い
「痴漢は絶対に許さない!」=警視総監らがチラシ配布
救急救命士、盗撮の疑いで逮捕=コンビニで女子高生に
ベテラン刑事を盗撮、その場で御用=容疑の31歳男

仕分け対象の独法決定=47法人、151事業−刷新会議(時事通信)
<制度改革>議論スタート 株式会社、農業参入促進など(毎日新聞)
<自民党>舛添氏「新党の『し』の字も話していないのに…」(毎日新聞)
明石歩道橋事故 聴取を元副署長に要請 検察官役弁護士、全面可視化で(産経新聞)
<山崎宇宙飛行士>シャトル、1周延期で着陸目指す(毎日新聞)

渋谷の新しい顔は「ヒカリエ」(産経新聞)

 東急電鉄などで組織する「渋谷新文化街区プロジェクト推進協議会」は14日、渋谷駅東口の東急文化会館跡地などに建設している高さ約182メートルの超高層複合ビルの名称を「渋谷ヒカリエ」と発表した。中核施設となるミュージカル劇場の名称は「東急シアターオーブ」と決まった。

 渋谷ヒカリエは最先端のライフスタイルを提案してきた東急文化会館の伝統を引き継ぎ、渋谷から未来を照らし、世の中を変える「光」になる意志を込めて命名。東急シアターオーブのオーブは天体を意味し、中空に浮かぶ劇場を表現したという。

 同ビルは地上34階、地下4階。ビルの顔となる商業施設は地下3階から地上7階に東急百貨店が出店し、11〜16階の地上70メートルの中層部には約2000席を持つ東急シアターオーブ、17階より上の高層部はオフィスとなる。地下3階で東急東横線・東京メトロ副都心線渋谷駅とは直結する。平成24年春に開業する予定。

【関連記事】
渋谷の永遠のシンボルに 忠犬ハチ公慰霊祭
駅前眺望?・ジオラマ…「宿鉄」呼び込め 
鉄道各社が保育施設作りに注力 駅近で人気、沿線の魅力拡大
東急田園都市線がストップ 週末の帰宅客に影響
渋谷駅エスカレーターでスカート内を盗撮 容疑のNHK職員を逮捕
外国人地方参政権問題に一石

保育園で36人食中毒、4歳児が一時入院(読売新聞)
かわいすぎる海女、「べっぴんの湯」コスメPR(産経新聞)
道路財政特措法改正案 国交委審議メド立たず 首相、大幅修正を否定(産経新聞)
峠の捨て犬救え!作家らが捕獲、飼い主探しへ(読売新聞)
高齢ドライバーらの専用駐車区間、19日から導入(医療介護CBニュース)

高速で車乗り捨て走って逃げる 無免許容疑の男逮捕(産経新聞)

 大阪府警高速隊は16日夜、道交法違反(無免許運転)の疑いで岐阜県池田町萩原、建設作業員、窪田博文容疑者(37)を現行犯逮捕した。高速隊によると、窪田容疑者は名神高速で車を放置、雨の中、反対車線へ横断するなど約200メートル走って逃げており「無免許だったので逃げた」と供述しているという。

 高速隊によると、16日午後11時半ごろ、名神高速上り線吹田サービスエリアで、パトロール中の警察官が窪田容疑者に職務質問。窪田容疑者は乗っていた乗用車で約1キロ逃げ、大型トラックと接触事故を起こした後、車を乗り捨てた。走って中央分離帯を越えて反対車線に出たが、追いかけた警察官に取り押さえられたという。

【関連記事】
無免許で公用車運転容疑 相模原市役所職員を逮捕
無免許の講師が授業5年超 福岡・柳川の私立高
「金なくタクシー乗れず」無免許取り調べに無免許運転で出頭
男性高校講師を懲戒免職 免停中に無免許通勤 熊本県教育委
車3キロ引きずり元ホスト、殺意を否定 初公判でメモ読み謝罪
外国人地方参政権問題に一石

八ッ場ダムPR施設、中止宣言で来館者4・6倍(読売新聞)
【イチから分かる】大阪都構想 府と市を「都」に再編(産経新聞)
帯状疱疹後神経痛治療剤リリカの承認取得―ファイザー(医療介護CBニュース)
現場吸い殻のDNA鑑定で逮捕=男2人、恐喝容疑−福岡県警(時事通信)
仙谷戦略相「首相退陣なら衆参同日選になる」(読売新聞)

幹事長に園田氏=参院選候補の擁立急ぐ−「たちあがれ日本」(時事通信)

 国会議員5人で発足した新党「たちあがれ日本」の平沼赳夫代表や与謝野馨共同代表らは12日午後、都内で協議し、幹事長に園田博之衆院議員を決めた。藤井孝男元運輸相は参院代表、中川義雄氏は参院幹事長にそれぞれ就任する。
 協議には「応援団長」を自任する石原慎太郎東京都知事も同席。夏の参院選での10議席以上の獲得を目指し、擁立作業を急ぐことで一致した。同党は比例代表に10人以上、選挙区は東京など改選定数が複数の選挙区に5人程度を立てたい考えだ。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

闇サイト監視、警視庁に「ネットハンター」(読売新聞)
<日本学術会議>受動喫煙の対策強化を提言 立法措置求め(毎日新聞)
地下鉄駅前で覚せい剤密売=容疑で自称イラン人3人逮捕−警視庁(時事通信)
<参院改革協>来年中に具体案作成へ…今夏1票格差是正断念(毎日新聞)
23歳下の男性にストーカー容疑、63歳女逮捕(読売新聞)

首相動静(4月2日)(時事通信)

 午前7時42分、公邸発。「今後沖縄に腹案をどう説明すべきと考えるか」に「もう既に腹案にのっとって、みなさん動いていただいているから私からさらにそのことを申し上げる必要はない」。同44分、国会着。同45分、院内大臣室へ。同50分から同58分まで、安全保障会議。
 午前8時5分から同18分まで、子ども・若者育成支援推進本部。同23分から同42分まで、閣議。同45分、院内大臣室を出て、同46分、国会発。同48分、官邸着。同49分、執務室へ。
 午前8時53分、平野博文官房長官が入った。同54分、松井孝治官房副長官が加わった。同55分、松野頼久官房副長官が加わった。
 午前9時5分、全員出た。同11分、岡田克也外相、平野官房長官が入った。
 午前9時48分、岡田、平野両氏が出た。
 午前10時17分から同53分まで、佐藤育男日本製鋼所社長ら。小川勝也首相補佐官、津田弥太郎民主党参院議員同席。同11時5分から同25分まで、松井官房副長官。同28分、執務室を出て大ホールへ。同29分から同46分まで、ボーイスカウト「富士章」受章者の岩沢卓弥さんらが表敬。逢沢一郎ボーイスカウト振興議員連盟会長ら同席。同47分、大ホールを出て執務室へ。
 午前11時48分から午後0時14分まで、漫画家の松本零士さん。民主党の羽田孜元首相ら同席。同20分、執務室を出て首相会議室へ。
 午後0時52分、首相会議室を出て執務室へ。
 午後1時56分、川端達夫文部科学相、中川正春文部科学副大臣が入った。
 午後2時41分、川端、中川両氏が出た。
 午後3時2分、執務室を出て、同3分から同4分まで、官邸玄関でヨルダンのアブドラ国王を出迎え。同5分、大会議室へ。同6分、アブドラ国王との首脳会談開始。武正公一外務副大臣ら同席。
 午後4時6分、首脳会談終了。同7分、大会議室を出て、同8分から同10分まで、官邸玄関でアブドラ国王を見送り。同11分、執務室へ。同12分、北沢俊美防衛相が入った。
 午後4時43分、北沢氏が出た。同45分から同5時まで、松井官房副長官、小川洋内閣広報官。
 午後5時32分、執務室を出てホワイエへ。同33分から同39分まで、報道各社のインタビュー。「若林正俊元農水相が参院本会議での採決時に隣席の投票ボタンを押した問題で辞職したことをどうみるか」に「国会の中でそんなことが起こるとは想像もしていなかった」。同40分、ホワイエを出て執務室へ。同53分、岡田外相が入った。同54分、前原誠司沖縄・北方担当相が加わった。同57分、北沢防衛相が加わった。同6時、平野官房長官が加わった。
 午後7時10分、全員出た。
 午後7時11分から同21分まで、平野官房長官。同22分、執務室を出て、同23分、官邸発。
 午後7時44分、東京・本郷のすし店「竹よし」着。仙谷由人国家戦略担当相、松本剛明衆院議院運営委員長、作曲家の三枝成彰さんらと食事。
 午後9時45分、同所発。
 午後10時5分、公邸着。
 3日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

阿久根市議会、特別委に再び課長が出席拒否(読売新聞)
国語教科書、新聞で読解力養うコーナーも(読売新聞)
完熟マンゴー 「太陽のタマゴ」2個で20万円 宮崎市場(毎日新聞)
<詐欺>桑名市元課長を起訴 名古屋地検(毎日新聞)
「前政権のうみ出し切る」=官製談合指摘で政務官−6社を指名停止・防衛省(時事通信)

タクシー運転手が酒気帯び=乗務中、警察官に体当たり−公務執行妨害容疑で逮捕(時事通信)

 職務質問しようとした警察官に体当たりしたとして、警視庁四谷署が公務執行妨害容疑で、東京都荒川区荒川、タクシー運転手土方守容疑者(65)を現行犯逮捕していたことが29日、同署への取材で分かった。乗務中に酒気帯び状態だったとして、道交法違反容疑でも送検した。
 同署によると、容疑を認め、「乗客と口論になり、頭にきて家から持ち出した焼酎を公園で約2合飲んだ」と供述しているという。
 土方容疑者は23日午後4時ごろ、新宿区内藤の国道トンネル内で、酒を飲んで女性客を乗せたタクシーを運転。禁止場所で進路変更をしたため、呼び止めた交通機動隊の男性白バイ隊員に体当たりをした疑いが持たれている。 

【関連ニュース】
自宅玄関に「爆発する」と張り紙=差し押さえを妨害、73歳男逮捕
警視庁警部補を逮捕=女性衣類の窃盗未遂容疑
飲酒運転で当て逃げか、米兵逮捕=道交法違反容疑
警部補、証拠差し替え=広島県警が書類送検
公務執行妨害で米兵逮捕=もう1人も酒気帯びで

服役中もブログで抗議し「再審めざす」 前和歌山市長を収監(産経新聞)
郵政改革「最終案」で首相、閣僚懇で調整(読売新聞)
両陛下が平等院ご訪問(産経新聞)
平野長官と沖縄知事会談、普天間政府案を伝達(読売新聞)
レセプト請求の審査の効率化も協議―厚労省が検討会(医療介護CBニュース)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。