So-net無料ブログ作成

論文無断引用の国立研究所長「盗用ではない」(読売新聞)

 国立社会保障・人口問題研究所の京極高宣所長が、自身の著作集に収録した論文に他人の論文を無断引用した問題で、京極氏は7日、厚生労働省で記者会見し、「結果的に無断引用になったが、自分の視点で書き直しており、盗用ではない」と説明した。

 京極氏は1980年代後半、著作集の出版に先立ち、旧厚生省の外郭団体の広報誌に問題の論文を掲載したが、会見では「当時は報告書が未公開だったので、あえて引用元を明示しなくてもいいと上司に言われた」と説明。元の論文を執筆した国会図書館の元調査員に対しては、「上司を通じて了解してもらっていると思ったので、引用した事は伝えなかった」と話した。

 その後、2003年頃に著作集の第6巻にこの論文を収録したことについては、「この時点で報告書は公開されていたので、(引用元を)参考文献として明示すべきだった」と改めて釈明し、「担当の出版社も私も多忙で気づかなかった。大変申し訳ない」と話した。

田舎で働くカウンセラーの日記
あきおのブログ
現金化
クレジットカード現金化 還元率
ネイルサロン

小沢氏らの招致に応ぜず=民主の山岡国対委員長(時事通信)

 民主党の山岡賢次国対委員長は9日、鳥取市内で開かれた同党参院議員の会合であいさつし、政治資金問題をめぐり自民党が鳩山由紀夫首相の実母や小沢一郎民主党幹事長らの国会招致を求めていることについて、「こんなことをしても国民生活はいっこうに良くならない。参考人招致などというワイドショー劇場には一切応じないつもりだ」と述べ、拒否する考えを明らかにした。 

【関連ニュース】
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト
辛くも「決裂」を免れた日米関係の行方

バリバリベビーシッターでがんばるぞ
音神
無料ホームページ
ショッピング枠現金化
2ショットチャット

1月中旬にも日米外相会談 「最終調整中」と藪中次官(産経新聞)

 【ワシントン=佐々木類】訪米中の藪中三十二外務事務次官は5日、岡田克也外相の訪米について「最終調整中だ」と語った。1月中旬にも日米外相会談が開かれる見通しだ。

 国務省でスタインバーグ国務副長官と会談後、記者団に語った。

 藪中氏はスタインバーグ国務副長官との会談で、日米同盟関係が東アジアの平和と安定にとって重要との認識で一致した。そのうえで、鳩山由紀夫首相が5月まで結論を先送りしている沖縄県の普天間飛行場(宜野湾市)の移設問題について、政府と社民、国民新両党が協議する場を立ち上げたことを説明した。藪中氏によると、米側は「(説明を)聞いていた」という。

 藪中氏は4日、フロノイ国防次官とも会談し、こうした日本政府の立場を伝えた。

【関連記事】
1月の外相訪米「協議中」 米国務省、普天間問題で
鳩山政権100日、各国メディアは厳しい採点
首相 普天間移設先「来年5月」と明言 岡田外相、クリントン氏に伝達 
クリントン長官、駐米大使を異例の呼び出し 普天間問題で米国の立場は不変 
民主内で強まる「日米中正三角形論」山岡氏、上海のシンポで展開

ゆうじのブログ
大歩危小歩危
債務整理無料相談
クレジットカード現金化 比較
携帯ホームページ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。